U^ェ^U ワン!

むかし飛行機の中で観た映画をもう一度見たい。

タイトルは記憶に無いが少なくとも15年以上前の洋画で、犬が殺されるシーンがあった。主人公の飼い犬が、忍び込んだ泥棒に吠え掛かった結果スコップで殴り殺されるという場面で、今でも夢に見ることがある。

それと翌朝のシーンに切り替わって、泣きながら犬を埋葬する男の子に向かって父親が「死ぬのは怖くない、殺されるのが怖いんだ」というふうな言葉を掛けていたのも覚えている。この台詞の意図は全く理解できない。

 その気になれば断片的な情報を元にタイトルまで辿り着くことは出来るはずなので、この記事が書き終わったら検索してみようと思う。(最悪見つからなければ、2chで訊くという手もある)

 

 ここからが本題。犬を虐めるのと猫を虐めるのって、かなりニュアンスが違う行為だと思うんだけど、どうなんだろう。時間があるときに突き詰めていこう。

 

 てな具合に、そんなことを考えては言語化するブログにしていきたい。おわり。