『無垢の祈り』観てきた

※たぶんこれ、ネタバレです。

原作未読。子供が酷い目に遭う映画と聞いて観に行ってきた。前回ブログに書いた『誘拐犯』も拉致された少女が指を切断された末に解放される映画だったので(?)、今後もこういう映画の感想とかを続けていくんだと思う。

まず自分用に書き残したいことがあって、物語の時系列を把握する上で若干混乱するポイントがあった(具体的には開幕の時系列)。上映時間が短くて登場人物も少ない映画だったので、もう一度見れば解決できるだろう。

 

自分が見た内容はシンプルだったと思う。

10歳の少女フミは母親と義父の三人で暮らしているんだけど、まぁその義父がクソ野郎で、ろくに働かず母娘に暴力を振るって外から女を連れ込み、あまつさえフミに性的虐待を加え「お前が通報して俺が逮捕されても出所後には地の果てまでお前を追う、逃れられると思うなよ」みたいな脅しまで入れる。

義父の暴行に耐えるなか、部屋のテレビからは近所に出没する連続殺人鬼の凶行を伝えるニュースが連日耳に入る。いつしかフミは「あること」を頼むため、その殺人鬼に向けてメッセージを発するようになる……、みたいな感じ。

 

この手の作品観る時って「キツい……。でも目を逸らしちゃ駄目だ……」っていうメンタルの戦いになるんだけど、『無垢の祈り』はなかなかの強敵だった。義父のレイプ時に轟音BGMが鳴るのが一番キツくて、同時に映る人形(後述)の顔も普通に怖くてつらかった。あと工場のパイプラインを背景にフミが自転車漕いでるシーンあるんだけど、なぜか『アイドルマスターシンデレラガールズ』の17話で城ヶ崎莉嘉が橋の上をチャリでかっ飛ばすシーン(すごい解放感のある感動的なシーン!)が想起された。

あと個人的には、暴力シーン毎に異常者たちの理路整然とした語りが挿入されるのがインパクトあって、こいつらマメだなーって思った。

技法面というか映像面では概ね写実的な映像が続くんだけど、フミが義父の性的虐待によって耐え難い苦痛に曝されている場面ではその律が歪んで、義父にレイプされる少女型人形を見るフミ、っていう構図の画面になる。しかもその人形を操る黒子の女性までバッチリ画面に映り込んで演技するもんだから正直言ってややこしい。

「あまりにも苦しい状況になると脳のセーフティが働いて『虐待されているワタシを外側から見るワタシ』みたいな存在が召喚される」っていう感じの話がよくあるけどそういうアレだと思う。原作読んでないから何も考えられない。というかもう自分が何書いてるのか分かんない。彩度の高い映像が見たい……。

 

あとぜんぜんどうでもいいけど公式サイトのキャスト一覧で「主人公・フミ」とか「フミの義父・クスオ」とかの後に「小児性愛者・ペドフィリア」って続くのが面白くて、むっちゃ笑った。ペドフィリアって名前なのかよ、って。

……えっ、面白くない? 面白くないっすか……。